男性の後ろ姿 近年、AGAに悩む男性は増えています。そんなAGAは進行性であるため、早めのケアが大切であり、AGAの治療にはプロペシアとザガーロが有効であるとされています。

AGAについて

AGAは、「androgenetic alopecia」を略したもので、男性型脱毛症を意味します。成人男性に見られる髪が薄くなる状態のことを指し、具体的な脱毛症状として、額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなるといった症状が挙げられます。現在AGAの人は1,260万人を超えるといわれており、このうち症状を気にかけている人は約800万人、何かしらのケアを行っている人は約650万人とのこと。このことから、AGAの半数以上は何もケアをしていないということが分かります。AGAは、進行性であるため、ケアをしなければ毛髪は減り続ける一方です。そのため、AGAは症状を感じたら早めにケアをする必要があります。

AGAの原因は人により異なりますが、主な原因として遺伝や男性ホルモンの影響が挙げられます。男性ホルモンの影響でしたら、生活習慣を見直すことで改善できることもあります。しかし、生活習慣の改善だけでは十分ではありません。AGAを本気で改善したいのであれば、皮膚科やAGA治療を専門に取り扱うクリニックでの治療をお勧めします。皮膚科や専門的なクリニックでは、さまざまな治療が行われていますが、主な治療方法のひとつに薬物療法が挙げられます。その薬物療法で、用いられるのが、プロペシアやザガーロといった薬です。

プロペシアとザガーロの違い

薄毛比較 プロペシアとザガーロは、AGAを治療するための薬という点は共通していますが、効果効能は異なります。 以下で、プロペシアとザガーロについて詳しくご紹介します。

プロペシアの歴史・効果

プロペシアは、米メルク社が開発した、AGA治療に効果のある「フィナステリド」という成分を含む内服薬です。プロペシアは、AGA治療薬のパイオニア的な存在であり、日本では2005年より販売が開始されました。現在では世界60カ国以上で販売・使用されています。

多くの場合、プロペシアを1日1錠毎日服用していると、約3カ月~6カ月で脱毛症状の減少がみえてきます。服用後、約6カ月~1年は右肩上がりに毛髪が増加するとされており、プロペシアを服用した方の約9割が「効果を実感することができた」と回答しています。

ザガーロの歴史・効果

ザガーロは、英グラクソ・スミスクライン社が開発した、AGAに効果がある「デュタステリド」という成分を含む内服薬です。ザガーロは、プロペシア(フィナステリド)に次ぐ、第二のAGA治療薬と位置づけられており、国内では2015年からAGA治療薬として販売されています。

ザガーロを1日1錠毎日服用していると、多くの場合、約3カ月~6カ月で効果を実感することができます。

プロペシアとザガーロの最も大きな違いは、プロペシア(フィナステリド)はAGAの原因物質の「5α還元酵素のⅡ型を抑制する」に対し、ザガーロ(デュタステリド)は「5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を抑制する」という点です。

なお、プロペシアとザガーロにはそれぞれED・勃起不全、性欲減退などの副作用があるといわれています。しかし、これらの副作用の発症率は5%以下である上に、プロペシアやザガーロの服用を中止するかバイアグラなどのED治療薬を服用すると改善されるため、それほど心配する必要はありません。

また、プロペシアやザガーロを服用する上では、注意しなければならない点があります。

  • プロペシアやザガーロの服用中は、献血を受けることができません。
  • 錠剤やカプセルを割らないでください。(プロペシアやザガーロの粉末が、妊娠中・授乳中の女性の体内に吸収されると赤ちゃんに影響が出る可能性があります。)

その他にも、プロペシアやザガーロは体質により服用できない場合があります。服用する前に事前に確認しておきましょう。

病院での処方がお勧め

聴診器

前項のとおり、プロペシアやザガーロの服用には注意が必要なため、正しく安全に服用するためにも皮膚科やAGA治療を専門とするクリニックで処方を受けることがよいでしょう。皮膚科やAGA治療を専門とするクリニックでは、詳しい注意点や正しい服用法に関する指導を受けることができます。また、早ければ10分程度で処方が終わりますので、思ったより気軽に利用することができるのです。

プロペシアの有効成分であるフィナステリド、ザガーロの有効成分であるデュタステリドを含むAGA治療薬は、ECサイトなどを利用した個人輸入で入手することが可能です。しかし非正規ルートで販売されているものの中には偽物も多く存在しています。そのため、十分な効果を期待したい場合は、正規ルートである医療機関からの処方が無難です。

東京でクリニックを探すなら

近年、AGA患者は増加傾向にあり、AGA治療を行う皮膚科やクリニックは増加しています。東京にも幾つものクリニックがあるため、どこのクリニックを利用すべきか分からないという方も多いことでしょう。

東京にあるクリニックを探す上ではチェックすべきポイントがあります。それは、処方にかかる費用などです。

プロペシアやザガーロによる治療は、健康保険が適応されないため、自由診療となります。薬の費用はほとんどのクリニックで統一されていますが、診察料や相談料、処方料はクリニックによって異なります。中には、診察料、相談料、処方料が無料というクリニックもありますので、なるべく費用を抑えたいという方は、こういったクリニックを選ぶことをお勧めします。また、何カ月分の薬を処方してくれるかという点もポイントのひとつです。さらに、インターネットを利用して、AGA治療を行っている人の口コミをチェックするということもクリニック選びをする上で大切なポイントであるといえるでしょう。

東京の新宿、新橋に医院を構えるイースト駅前クリニックは、AGA治療薬の料金が明確である上に、初診・再診料はかかりません。薬代のみで処方を受けることができます。

Q&A

プロペシアやザガーロに副作用はありますか?

プロペシアやザガーロを服用すると、ED・勃起不全、性欲減退などの副作用を発症することがあります。

しかし、これらの副作用の発症率は5%以下と低く、万が一副作用が出たとしてもプロペシアやザガーロの服用を中止すれば改善されます。また、バイアグラなどのED治療薬を用いることで改善することも可能であるため、そこまで心配する必要はないといえるでしょう。

発毛効果はどの程度ですか?

プロペシアやザガーロは、1日1錠服用すると、約3カ月~6カ月で効果がみられるとされています。

効果は人により異なりますが、服用した方の約9割が「効果を実感することができた」と回答しています。

診察は具体的にどのようなことをしますか?

医師による問診では、頭皮の状態を確認します。そして、その状態に合った服用方法、注意点などを説明します。その後、プロペシアやザガーロを処方します。

診察には何が必要ですか?

AGAの治療は健康保険が適応されません。そのため、健康保険などの身分証は不要となっています。

特に必要なものはありませんが、常用している薬などがある場合は、服用中の薬の名前を調べておく必要があります。

東京のおすすめAGAクリニック

イースト駅前クリニック 新橋院

〒105-0004
東京都港区新橋1-15-7新橋NFビルB1F
最寄り駅: 1.JR 新橋, 2.東京メトロ丸ノ内線 銀座線 新橋, 3.都営三田線内幸町
03-6206-1811

JR新橋駅「日比谷口」から徒歩1分、東京メトロ新橋駅であれば「新橋内幸町地下歩道B出口」から徒歩0分という交通至便な立地のイースト駅前クリニック新橋院は、ED・AGAの専門クリニックです。平日は20:00まで、土日祝も18:00まで診療しているため、会社帰りや休日の外出ついでに立ち寄ることができます。休診日はありません。診察時間は、問診票の記入や処方薬のお渡し、会計まで含めても最短で10分。忙しいサラリーマンの方でも、気軽に立ち寄ることができますね。

ED治療をためらう理由の1つに女性スタッフに知られることの気恥ずかしさがありますが、イースト駅前クリニック新橋院は全員が男性スタッフです。処方薬は全て国内正規品ですから、安心して治療を受けられます。予約不要、保険証も不要で、会計が5,000円以上の場合は、クレジットカードも利用可能です。ホームページには、簡単にできるセルフチェックが掲載されていますから、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

AGAスキンクリニック 東京秋葉原院
〒101-0023
東京都千代田区神田松永町11
秋葉原メディカルモール6F
最寄り駅: 1.各線 秋葉原駅
03-3526-5133
最近では、アーティストのGACKTさんを起用したCMで話題のAGAスキンクリニック。その東京秋葉原院は、JR秋葉原駅中央改札口を出て左方向へ徒歩1分、アクセス抜群の立地にあります。診療時間は10:00~21:00の予約制ですが、電話相談は年中無休のフリーダイヤルで9:00~21:00まで実施している、AGAの専門クリニックです。
AGAスキンクリニック東京秋葉原院の信頼が厚い理由は、このクリニックの医師自らが薄毛に悩み研究を重ねた結果、治療による発毛を実感しているからです。クリニックのホームページには、その治療実績の写真が掲載されています。治療を始めた患者の発毛実感率は3~4ヶ月目で78%、そして4~6ヶ月目になると99.4%という驚異的な数値を記録しているのです。
初回カウンセリングは無料で行います。治療内容や処方薬、費用についてもこの段階で詳しく説明されるため、安心してスタートできますよ。まずは、ホームページのセルフチェックで確認してみましょう。
浜松町第一クリニック 浜松町院
〒105-0013
東京都港区浜松町1-22-7 鶴栄ビル5階
最寄り駅: 1.都営地下鉄 浅草線・大江戸線 大門駅, 2.JR 山手線・京浜東北線 浜松町駅, 3.東京モノレール モノレール浜松町駅
03-5777-3729
浜松町第一クリニック
浜松町院は、JR浜松町駅北口から徒歩1分、都営地下鉄大門駅B1出口からは徒歩30秒というアクセスの良さが魅力です。朝は10:00からですが、仕事帰りにゆっくり来院できるようにと平日は22:00まで延長診療を行っています。土曜は10:00~20:00、日曜祝日でも10:00~18:00まで受診でき、年末年始を除いて年中無休で治療が受けられるED・AGAの専門のクリニックです。
この浜松町院は、浜松町第一クリニックの本院であり、全院併せた治療実績は10年で18万人以上を数えます。豊富な知識と経験を持った医師とスタッフは全て男性で、ホームページでは、医師やスタッフの顔写真も公開しています。だから安心して相談が受けられるのです。また、治療についてはイラストやマンガを用いて、分かりやすく説明しています。男性が気になるさまざまな調査結果、統計データも掲載しており、「精のつく料理レシピ」も好評です。是非一度ホームページを覗いてみてくださいね。
新宿ウエストクリニック
〒160-0023
東京都港区浜松町1-22-7 鶴栄ビル5階
最寄り駅: 1.JR 新宿駅, 2.西武 新宿駅
03-5330-4079
JR新宿駅西口から徒歩5分、「早くて快適な診療」がモットーの新宿ウエストクリニックは、ED治療薬の処方量トップエリアの新宿で、診療実績16年以上を誇るED・AGAの専門クリニックです。診療時間は10:00~11:00/12:00~18:00を基本に、木・金曜は19:00(祝日時は18:00)まで延長しています。年末年始を含めて年中無休、患者に寄り添うクリニックです。
新宿ウエストクリニックのホームページには、読み物のコンテンツが数多くあります。診療の流れや費用、処方薬の説明だけでなく、症状や状況の確認、分析、体験談などが盛りだくさん。Q&Aでは医師の人柄が感じられるユーモラスなアドバイスに期待が膨らむことでしょう。写真を用いた新宿駅からの道順案内は、親切で分かりやすいと好評です。
診療予約は不要ですが、予約をした方が安心できる方向けに予約フォームもあります。気軽に相談してみたい方は無料のメール相談を利用しましょう。必ず力になってくれるクリニックです。
新宿西口クリニック
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-18-16 野村ビル8F
最寄り駅: 1.JR 新宿駅, 2.都営新宿線 新宿駅, 3.都営大江戸線 新宿駅
03-6302-0641
新宿西口クリニックは、男性の疾患を専門としています。JR新宿駅の西口・南口から徒歩1分という好立地にあり、EDやAGAをはじめ不妊や感染症など男性のデリケートな悩みを解決に導いてくれる安心のクリニックです。平日は20:00まで、土曜は18:00、祝日も17:00まで診療しています。朝は11:00からですが、お昼の休診時間はありません。水曜日だけは15:00からになるので注意しましょう。日曜日は休診です。
新宿西口クリニックでは、プライバシーへの徹底した配慮をモットーとしたアットホームな雰囲気と、丁寧でわかりやすい診察が好まれ、全国から多くの相談者がやってきます。治療薬の効果を比較したいという初診の方には、タイプ別の「お試しセット(3種)」をがおすすめです。また、多めに持ち帰りたいというご要望には11錠を10錠分の価格で処方する「プラス1セット」が良いでしょう。1人で悩まずに、専門医に相談することが治療の第一歩なのです。