AGA発毛治療に洗髪方法は直接的な関わりはないといわれています。しかし、発毛の土台となる頭皮の健康を守るためには、正しい洗髪方法を知ることが重要です。

発毛治療とシャンプーの関係とは?

お風呂イメージ
日本皮膚科学会が2010年に発行した「男性型脱毛症診療ガイドライン」は、AGA・薄毛治療の方針を決める上で様々な病院が参考にしている重要な資料です。このガイドライン内で推奨されている治療方法は、現在でもAGA治療を専門に取り扱うクリニックにおいて、治療の主流になっています。
そんな信頼性の高いガイドラインでは、スカルプシャンプーについて特に強く推奨しているわけではありません。成分によっては「根拠がない」として推奨されていないものもあります。では、発毛治療においてシャンプーとは、不必要なものなのでしょうか。
毎日のように行っているシャンプーそのものは、AGAの発毛治療に直接的な関わりを持つわけではありません。しかし、シャンプーは髪の毛の土台である頭皮に関わることであり、どれだけクリニックでもらった薬を飲んでいたとしても、頭皮の環境がよくなければ十分な効果を発揮できません。髪の毛が生える土台である、頭皮の健康を保つためにも、毎日のシャンプーが非常に重要な役割を果たします。

頭皮に優しいシャンプーの方法

スカルプシャンプーを使っていたとしても、闇雲にゴシゴシと洗っていたのでは、頭皮を健康にするどころかダメージを与えてしまいます。頭皮を清潔に保ち、発毛しやすい環境にするためにも、頭皮にダメージを与えない方法でシャンプーを行うことが大切です。その方法は以下のとおりです。

1.シャンプー前にブラッシングで事前準備

まずはシャンプー前に軽くブラッシングをして準備を行います。ブラッシングをすることで、1日過ごして絡まった髪をほぐしたり、皮脂やフケを浮かび上がらせることができます。ワックスなどの整髪料を使って髪を固めている場合は、髪が引っ張られて切れてしまうこともあるため、引っ張り過ぎないように慎重にブラッシングしましょう。

2.ぬるいお湯で入念に予洗いを

シャンプーをする前には、ぬるめのお湯でしっかりと髪や皮脂を濡らします。この段階である程度汚れを落としてしまえるように、指先で頭皮を揉み込むようにして、入念に予洗いを行いましょう。

3.シャンプーはよく泡立てて優しく洗う

シャンプーの原液を直接髪や頭皮につけるとダメージを与えてしまいます。シャンプーは、少量を手のひらでよく泡立ててから髪につけるようにしましょう。整髪料や汚れを泡で浮かせて絡み取るイメージで、優しく揉み込むように洗います。頭皮は決して爪を立ててゴシゴシ洗ってはいけません。指先でマッサージをして、コリをほぐして血行をよくしてあげましょう。

4.シャンプーはしっかりとすすぐ

ついおろそかにしてしまいがちなのがシャンプーのすすぎです。シャンプーが髪に残留していると、頭皮の毛穴を塞いでしまい、発毛の妨げとなってしまいます。泡がなくなった後も、時間をかけてしっかりとゆすぎ落とすことが重要です。シャンプー後は、雑菌が繁殖しないように、毎回ドライヤーなどを使ってきちんと乾かすように気をつけましょう。

頭皮に優しいシャンプーを選ぼう

優しいシャンプーイメージ

頭皮の負担を減らすには、シャンプーの選び方も重要です。市販のシャンプーの中には、ラウリル硫酸ナトリウムや、ラウレス硫酸ナトリウムなど、洗浄力が高い反面、毒性があり髪や頭皮にダメージを与える成分を含んでいるものも多く存在します。シャンプーを選ぶ際には、頭皮にダメージを与える成分を避け、刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーやノンシリコンシャンプーを選ぶことをおすすめします。スカルプシャンプーには、髪や頭皮に優しく、栄養を与える成分が含まれています。髪質や頭皮の状態に合ったシャンプーを選び、正しい方法で洗うことで、発毛治療でより高い効果を得ることができるでしょう。