ストレスは身体の様々な機能を低下させ、健康を損ないます。また、ホルモンバランスの乱れや血行不良により、髪や頭皮にも影響を及ぼし、薄毛を進行させます。

ストレスとAGAは無関係?

ストレスを感じている男性

基本的に、ストレスがAGAに関係しているという根拠はなく、直接的には関係はないとされています。
しかし、ストレスは身体の様々な機能を低下させ影響を及ぼすため、間接的にAGAを悪化させ、治療を妨げる原因となる場合があります。AGAの治療を行っている場合は、日々の生活に過度なストレスがかかっていないかどうかも考えてみましょう。

ストレスがもたらす髪への影響

現代社会では、誰しもが大なり小なりストレスを抱えているものです。しかし、強すぎるストレスは身体機能を低下させ、健康を損なう要因となってしまいます。強いストレスがかかることによって、髪も同じように様々なダメージを受けます。

1.血行不良

ストレスによって自律神経の働きが乱れると、血管が収縮し、全身の血液の流れを悪くしてしまいます。ストレスを感じると、身体がだるくなるのはそのためです。頭部は重力の関係上、血液が行き渡りにくく、その影響を受けやすくなっています。血液は髪の毛の発育に必要な栄養を毛母細胞に運ぶ重要な役割を担っているため、血行が悪くなることで髪は栄養不足となり、コシの弱い抜けやすい髪となってしまいます。

2.頭皮の硬化

人はストレスを感じると身体がこわばり、緊張状態になります。通常ならば、リフレッシュしたり睡眠をとったりすることで適度に力が抜けたリラックス状態に戻るのですが、ストレスがたまると緊張が解けず、常に身体がこわばった状態になってしまいます。そうなると、頭皮が硬くなり、髪にさらに栄養が行き届かなくなってしまいます。

3.皮脂の過剰分泌

ストレスを感じると、男性ホルモンが多く分泌されます。ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが多く分泌されると、皮脂が通常よりも過剰に分泌されます。過剰分泌された皮脂は毛穴を塞ぎ、頭皮環境を悪化させてしまいます。

4.睡眠障害

ストレスがたまって自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。夜に眠るときにも嫌なことばかり思い浮かべてしまうなどしてリラックスできず、緊張状態が続いてうまく寝付けなくなってしまいます。髪の育成には睡眠が必要不可欠となっており、髪が育つ夜間に睡眠がとれないと、薄毛がさらに進んでしまいます。

5.内臓の不調

ストレスは内臓の働きにも影響を及ぼします。自律神経の乱れや血行不良により内臓の働きが鈍くなり、体内で生成される栄養素がうまく作れなくなります。育毛に大切なタンパク質やミネラルといった成分も不足しがちとなり、髪に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

ストレスによってAGAが悪化する

ストレスイメージ
ストレスがたまることで、体内の様々な機能がうまく働かなくなり、薄毛が進行してしまいます。ホルモンバランスが崩れることでAGAの症状が悪化する場合もあり、ストレスとAGAは決して無関係とは言えません。薄毛に悩んでいる人は、なるべくストレスをためないよう、仕事や生活の環境を改善することをおすすめします。また、ストレスがたまってしまっている場合は、軽い運動などでストレスを発散できるようにしましょう。ヘアケアや食生活を見直すことで、頭皮環境は大きく改善することができます。ホルモンバランスによって薄毛が進行しているのであれば、AGA治療を専門に取り扱うクリニックで治療薬を処方してもらうことで、薄毛を治療できる場合があります。

近年、AGAに悩む男性は増えています。そんなAGAは進行性であるため、早めのケアが大切であり、AGAの治療にはプロペシアとザガーロが有効であるとされています。

プロペシアやザガーロはクリニックで処方してもらうことが可能です。
「イースト駅前クリニック 新橋院・新宿院」では、薬の値段のみで初診・再診料は無料です。
土日祝日も診察しているので、空いているときに気軽にいくことができます。
AGAで悩んでいる人はまずは相談してみましょう。

AGA治療は
イースト駅前クリニック