京都でプロペシアやザガーロで治療したい方へ

AGAの内服治療薬として有名な「プロペシア」と「ザガーロ」。どのような違いがあるのか分からずに、お困りではありませんか?そこで、このページでは、「プロペシアとザガーロの違い」や、あなたの状況に合わせて「どちらの薬を選べば良いのか」、などの役立つ情報をお伝えしていきます。また、京都でこれらのAGA治療薬を処方してくれるクリニックも紹介します。おすすめの理由も詳しく紹介しているので、ぜひあなたの薄毛治療のために役立ててください!

プロペシアとザガーロの違い

プロペシアは、2005年に発売が開始された初のAGA内服治療薬であり、長らくAGA治療に貢献してきた薬です。一方、ザガーロは2016年にAGA治療薬として認可された薬で、元々はアボルブという前立腺肥大の治療用の薬でした。ザガーロは発売からそれほど時間がたっていないこともあり、両者の違いはあまり知られていません。それでは、気になる効果や価格などの違いを比較していきましょう!

それぞれの特徴を知りましょう!

・違い1 有効成分

プロペシアは「フィナステリド」、ザガーロは「デュタステリド」という成分が配合されています。どちらも抜け毛を引き起こす「DHT」という男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素から生成されるのを防ぐ効果があります。この酵素は2種類あり、フィナステリドは2型、デュタステリドは1型・2型の両方に対応しています。

・違い2 効果のある範囲

プロペシアは主に、頭頂部周辺の薄毛・抜け毛の抑制に効果を発揮します。一方、ザガーロは頭頂部に加えて、前頭部まで効果があります。この違いは、対応する5αリダクターゼの違いに関連しているのではないかと考えられています。

・違い3 形状

プロペシアはフィルムコーティング、いわゆる「丸い錠剤タイプ」の形状です。ザガーロは「楕円形のカプセルタイプ」の形状です。また大きさも異なっています。プロペシアは「直径7.3mm・厚さ3.5mm」、ザガーロは「直径19.3mm・厚さ6.6mm」です。

・違い4 価格

効果や形状以外に重要なのが、購入価格です。広く普及しているプロペシアに比べると、発売から日が浅いザガーロは高価です。価格設定にもよりますが、ザガーロはプロペシアの1.3~1.5倍程度の価格であることが一般的です。またプロペシアはジェネリックなども登場しているため、選択肢が豊富と言えます。

プロペシアとザガーロの副作用

プロペシアは、非常に副作用の発生リスクが少ない薬です。国内の臨床試験では、副作用の報告があったのは4.3%でした。しかし、体質や服用量によっては発生してしまうことも考えられるので、しっかり確認しておきましょう。また、ザガーロは国際共同試験では11.7%の報告が出ています。試験の基準は異なりますが、プロペシアに比べて、副作用の発生リスクが高い傾向があると言えるでしょう。こちらも、どのような副作用があるのか確認しておきましょう。

プロペシアの副作用

・副作用1 男性機能障害

プロペシアの主な副作用として、男性機能の障害が報告されています。男性ホルモンは性機能にも影響するため、DHTの減少により性欲減退、勃起不全などの症状が出ることがあります。

・副作用2 全身倦怠感

男性機能に関わる症状以外では、倦怠感や、めまいなどの症状が報告されています。これらはプロペシアに限らず、肝臓で処理される薬剤全般で起こりえる症状です。

・副作用3 肝機能障害

報告数は少なく、発生リスクは極めて低くはありますが、肝機能に関する障害の可能性もあります。以前から肝機能に不調がある人や、必ずその旨を告げてから、医師の診断を受けましょう。

ザガーロの副作用

・副作用1 男性機能障害

ザガーロもDHTの生成を抑制するため、男性機能の障害が起る可能性があります。勃起不全や性欲減退に加えて、射精障害などの症状が報告されています。

・副作用2 精神障害

また勃起機能だけではなく、意欲の減退も報告されています。男性ホルモンは意欲にも大きく影響するため、ザガーロの服用により、精神面での不調が見られることがあります。

・副作用3 肝機能障害

ザガーロも肝臓で処理される薬であるため、肝機能障害を引き起こす可能性があります。また、ザガーロの成分が体内から抜ける期間は、12~20週間と長いことにも注意が必要です。

プロペシアとザガーロで悩んだら

効果と副作用のバランスを指針にしましょう

まずは、これまで見てきた違いをまとめてみましょう。プロペシアは、副作用が起きるリスクが低く安定していることがメリットです。そして、ザガーロは副作用のリスクが高めですが、効果も高めであることがメリットです。それぞれのメリットを軸にして、3つの基準から選んでみましょう。

・選び方1 まずはプロペシアを選ぶ

基本的には、まずプロペシアを使うことがおすすめです。プロペシアとザガーロ、どちらも、AGAに対して高い効果を発揮します。そのため、まずは副作用のリスクが低く、価格も安いプロペシアから始めましょう。そうすれば、身体的にも経済的にも負担を少なく済ませることができます。

・選び方2 自分のAGAの範囲に合わせて選ぶ

プロペシアとザガーロはどちらもAGAに効果がありますが、効果が出やすい範囲が異なります。頭頂部を中心に全体的な薄毛はプロペシア、特に生え際の後退が気になるならザガーロというように範囲に合わせて選ぶのも良いでしょう。

・選び方3 クリニックに相談して自分にいいものを選んでもらう

やはり一番良い方法は、専門のクリニックで選んでもらうことです。自分ではあっていると思っても、医師の目から見ると違っているということはよくあります。自分だけで判断せずにプロの目線から、あなたに最も合った治療方法を見つけてもらいましょう。最後に京都でおすすめのクリニックを紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

京都でプロペシア・ザガーロを処方してもらうならこちら

京都でも処方してもらえるクリニックがあります!京都でおすすめのクリニックを紹介していきます。

京都でおすすめのAGA専門クリニック

イースト駅前クリニック京都四条烏丸院

イースト駅前クリニックは、その名前通り、全国の駅前で展開しているクリニックです。京都烏丸院は阪急京都線烏丸駅と、地下鉄烏丸四条駅のどちらからも徒歩1分の場所にあるため、通いやすいクリニックと言えます。このクリニックの特徴は、治療薬の処方に特化していることと、「初診・再診料が無料」であることです。そのため薬の購入以外の費用が不要で、さらに薬自体の料金設定も安価なので、最もおすすめのクリニックです。また内服薬だけではなく、お得な外用薬とのセット購入もできます。さらに予約が不要であり、最短8分で薬を処方してもらえるため、忙しい方でも時間をかけずに通うことができます。

住所 京都市下京区元悪王子町37番地 豊元ビル四条烏丸6F
TEL 075-343-1181
最寄り駅 阪急京都線烏丸駅から徒歩1分

地下鉄烏丸線四条駅から徒歩1分

休診日 月 火 日
診療時間 水 木 金 土 祝
午前 10:00~13:30 10:00~18:00
午後 14:30~19:00

AGAスキンクリニック 京都院

AGAスキンクリニック京都院は、AGA専門のクリニックです。初診料は5,000円かかりますが、再診料は無料です。こちらも駅前にあり、通いやすいことクリニックとなっています。主な特徴としては、完全予約制であることがあげられ、患者のプライバシーを守ることを徹底しています。またカウンセリング予約・相談も年中無休で受け付けているため、気になることがあってもすぐに相談可能です。そして全国で49の提携院があるため、長期旅行中などに薬が切れてしまっても、同じように対応してもらうこともできます。

住所 京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町391 河原町ニュー・トーキョービル6F
TEL 0120-545-598(フリーダイヤル)

075-253-0442

最寄り駅 阪急河原町駅から徒歩1分
休診日 なし
診療時間
午前 10:00~21:00
午後

湘南美容外科クリニック京都院

湘南美容外科クリニックは、女性の美容外科が専門だと思われがちですが、男性の薄毛治療も行っています。こちらも駅前にあり、通いやすさがメリットです。また初診・再診料ともに無料となっています。京都院ではザガーロの取り扱いはしていませんが、プロペシアは取り扱っており、初回に限り割引価格で購入できます。また、美容外科として幅広い施術を行っているだけあり、ポイントカードの導入などといったサービスが強みです。そのため、AGA治療以外にも美容施術全般に興味があるという方におすすめです。

住所 ·         京都府京都市下京区四条通 柳馬場東入立売東町12-1日土地京都四条通ビル 5F
TEL 0120-5489-64
最寄り駅 地下鉄烏丸線四条駅から徒歩3分
休診日 なし
診療時間
午前 10:00~~19:00
午後

AGAはクリニックの治療で改善できる!(まとめ)

プロペシアとザガーロの違い、いかがだったでしょうか?同じような効果であっても、それを使う人自身の体質や環境によって、薬の選び方や、効果の出方も変わってきます。あなたの今の状態をクリニックで正確に診断してもらい、AGAをしっかり改善していきましょう!