頭髪の悩みさえ無ければ……、この様にコンプレックスを抱いている男性も少なくないはずです。しかし男性型脱毛症は、ザガーロという治療薬で改善が可能です!治療薬がいくらぐらいなのか、どのような効果があるか等、様々な情報を紹介していきます。

ザガーロ(zagallo)とは?

新薬の開発が進むAGA治療で、ひときわ注目されているのが「ザガーロ」です。薄毛や抜け毛に有効とされていますが、どのような効果があるのか詳しく解説してみたいと思います。

ザガーロ(zagallo)

2016年6月13日に発売された、AGA (男性型脱毛症)治療薬の一種です。元々ザガーロは、前立腺肥大症の治療に使用されていましたが、含有成分のデュタステリドがAGAの改善にも効果を発揮したことで、2015年9月28日に厚生労働省から承認されました。前立腺肥大症の治療薬として、世界100ヶ国以上で使用されていますが、AGAの治療薬としての認定は2ヶ国目となります。

デュタステリドの効果

「5α還元酵素が働く」→「テストステロンが変化」→「ジヒドロテストステロンに進化」→男性型脱毛症を発症

上記が薄毛や抜け毛が起こるメカニズムなのですが、この一連のサイクルを打破してくれる成分こそがデュタステリドです。厄介な存在である5α還元酵素は、Ⅰ型とⅡ型の2種類がありますがデュタステリドはこの両方の発生を阻害することができます。AGA治療薬のプロペシアで満足のゆく効果が得られなかった方にも、オススメな治療薬となっています。

ザガーロの価格(クリニック処方の場合)

ザガーロの販売価格はAGA専門クリニックによって異なってきます。1か月分約30錠をとして処方するクリニックが多いようです。価格の比較を行なうために、いくつかのAGA専門クリニックの料金表を調べてみました。

【ザガーロのクリニック処方価格調べ】

新宿ウエストクリニック  0.5mg 30錠 ¥9,000円
聖心美容クリニック    0.5mg 30錠 ¥12,420円
リブラクリニック 0.5mg 30錠 ¥9,000円
ユナイテッドクリニック 0.5mg 30錠 ¥8,300円

引用元:プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

ザガーロ0.5mg、30錠の価格が上記の通りです。1日1錠の服用と考えると、400円~300円程の計算となります。中々高価な価格に感じますが、クリニックによってはまとめ買いすると、1錠あたりの価格が安くなることもあります。予約が不要で、保険証を持たずに医師による診察があるなら、トータルで考えると安いとも言えるでしょう。

ザガーロの価格(通販サイトの場合)

専門クリニックに足を運ぶのは、なんだか恥ずかしさもあり気が引ける。そのような方は通販サイトを利用してザガーロを購入しようと考えていませんか?新薬であるザガーロは、通販サイトで取り扱っているのでしょうか?

通販でザガーロは手に入る?

残念ながら、ザガーロの正規品は通販サイトで購入することができません。大手有名通販サイトの楽天やAmazonでも今のところ扱っていません。デュタステリドが配合されている内服薬のいくつかは通販サイトでも販売されていますが、正規品のザガーロの販売元であるグラクソ・スミスクライン社(GSK)製と異なります。
従って、ザガーロを使用したいならAGA専門クリニックを訪れるしか方法がないようです。皮膚科でもザガーロを処方してくれるようですが、AGAの治療に特化した専門クリニックの方がより詳しく適切な治療が行なえます。

引用元:ユナイテッドクリニック

ザガーロ各医院の処方箋をもらった時の総額

2016年現在のところ、正規品のザガーロを入手するには専門クリニックで診察を受ける必要があります。そうなった場合の薬代や診察料は総額でいくらになるのでしょうか?診察内容を詳しく見てみましょう。

クリニックでザガーロが処方されるまで

一般的な医療機関の利用では、診察料や再診料が薬代や検査費とは別に発生します。しかし、多くのAGA専門クリニックでは薬代のみで、その他の費用が発生しないシステムになっています。また、院内処方であれば処方箋料も無料になることが多いでしょうから、以下のような計算となります。

(例)
診察料0円+処方箋料0円+ザガーロ(0.5mg)30錠¥9,500円=総額 ¥9,500円

今ではほとんどのAGAクリニックがホームページを開設しているので、気軽に診察料や薬代を調べることができます。料金設定はクリニックで異なるので、事前に調べることをオススメします。

ザガーロの処方は保険適用できる?

AGA治療に効果が期待できるザガーロですが、一ヶ月分で約¥10,000円と高価な治療薬です。薄毛や抜け毛を克服したいがいかんせん高額……。ザガーロの処方は果たして保険適用となるのでしょうか?

AGA治療は自由診療

残念ながらAGA治療は現在自由診療となっており、治療で発生した金額は全額自己負担となってしまいます。よって、ザガーロも自己負担で購入しなくてはなりません。しかし、前にも説明した通り多くの専門クリニックが薬代のみで対応してくれるので、薬代が安いクリニックを探すことである程度の出費は抑えられます。安い粗悪品を使用して、健康を害するよりも医師の問診や診断の元で処方されるザガーロの方が安全で安心なAGA治療薬と言えます。

保険がダメなら医療費控除の申請!?

保険適用外のAGA治療ですが、医療費控除を申請することで医療費の一部が還元される可能性があります。この場合の判断ポイントは「治療目的」であって、「審美目的」でないことです!よって、専門医による診断で男性型脱毛症の進行遅延と判断されれば、医療費控除の対象となります。なお、医療費控除の対象となるのは以下のような費用です。

AGA治療の医療費控除の対象となる項目

・診察料
・治療費
・薬代
・診断書
・通院費用(交通機関の利用のみ)

医療費控除の申請は、個人で行なう必要があるので税務署で手続きを行なって下さい。治療内容の証明のために領収書やレシート等はまとめて保管しておきましょう。また、必要であれば医師からの診断書も提出すると良いでしょう。

近年、AGAに悩む男性は増えています。そんなAGAは進行性であるため、早めのケアが大切であり、AGAの治療にはプロペシアとザガーロが有効であるとされています。

プロペシアやザガーロはクリニックで処方してもらうことが可能です。
「イースト駅前クリニック 新橋院・新宿院」では、薬の値段のみで初診・再診料は無料です。
土日祝日も診察しているので、空いているときに気軽にいくことができます。
AGAで悩んでいる人はまずは相談してみましょう。

AGA治療は
イースト駅前クリニック