AGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせる効果があるプロペシアは、飲み続けなければいけないため、費用が気になってしまいますよね。個人輸入代行業者を利用すれば、非常に安い価格で購入できます。しかし、個人輸入には危険が多いので利用しないようにしましょう。
個人輸入代行業者からプロペシアを購入するのが危険な理由と、プロペシアを安全に安く購入する方法を紹介します。

プロペシアの1か月あたりの価格相場

プロペシアを購入する主な方法は、病院で処方してもらう、個人輸入代行業者から購入する、の2つです。それぞれの方法で購入する場合のプロペシアの価格相場をみてみましょう。

病院でプロペシアを購入する場合の価格

病院でプロペシアを購入する場合の1か月あたりの価格相場は6,000~7,000円程度です。価格に幅がある理由は、プロペシアは保険が適用されない自由診療だからです。
医療機関での診療方法には保険が適用される保険診療と、保険が適用されない自由診療の2つがあります。保険診療の場合、診療報酬点数が定められており、治療にかかる費用が決まっています。診療報酬点数とは、治療の技術やサービスを点数化したもので、その点数によって治療費が決まります。そのため保険診療に該当する治療は、どの医療機関を利用しても治療内容が同じであれば金額も同じです。

一方、自由診療は診療報酬点数ではなく、病院が独自に価格を決めて、その費用を全額自己負担するという仕組みです。AGAの治療は自由診療に該当するため、プロペシアの処方にかかる費用が病院によって異なるのです。なお、プロペシアの金額だけではなく、初診料や検査費などの費用も全額自己負担となります。

個人輸入代行で購入する場合の価格

個人輸入代行でプロペシアを購入する場合の価格相場は2,000~3,000円程度です。病院でプロペシアを購入する場合と比べて、半額以下で購入することができます。
プロペシアは医療用医薬品に分類されるため、日本国内で購入するには医師の処方が必要です。ただし、個人の使用を目的としている場合は、海外製医薬品の個人輸入が認められています。そのため、輸入代行業者から海外製のプロペシアを購入できるのです。

しかしインターネットで出回っている海外製のプロペシアは、確かな品質が認められた国内製のプロペシアと違って安全性が保証されていません。どのような場所で、どのような環境で製造されているのか確かではないのです。そのため価格が安くても、個人輸入をするのはやめるべきです。

個人輸入代行は安いがやめるべき!その理由とは

偽物を購入する可能性がある

最近ではAGA治療薬をはじめ、さまざまな海外製の薬をネット通販で個人輸入代行業者から購入できます。日本で販売されていない新しい商品を購入できたり、国内の販売価格の半額以下で購入できたりとさまざまなメリットがあります。しかし、個人輸入で入手できる薬には、偽物が多く出回っていると報告されており、いくら安く購入できると言っても、偽物を購入する可能性がある個人輸入代行からの購入は行なうべきではありません。

実際、海外においてプロペシアの偽物が発見されており、厚生労働省もプロペシアの安易な個人輸入は行なわないようにと注意を促しています。プロペシアの偽物には、「有効成分のフィナステリドが含まれていないもの」「過剰にフィナステリドが含まれているもの」「フィナステリドの含有量が少なすぎるもの」「錠剤に異物が混入している可能性があるもの」などのリスクがあります。
そのため個人輸入代行業者を経由して購入した偽物を服用した場合、薄毛(ハゲ)の進行を防ぐ効果が得られないどころか、重大な健康被害が生じてしまう可能性もあるのです。

医薬品副作用被害救済制度が適用されない

日本国内で正規に販売されている薬を適正に使用したにも関わらず、重大な健康被害が生じた場合、私たちは医薬品副作用被害救済制度を使って、医療費などの給付を受けられます。たとえば薬の副作用によって入院と通院が必要になるほどの健康被害を受けた場合は、自己負担分の医療費と、月額36,400円の医療手当の給付を受けられます。
しかし個人輸入した薬による健康被害は、医薬品副作用被害救済制度の対象になりません。つまり、偽物のプロペシアで重大な健康被害を受けた場合にかかる費用は全額自己負担となるということです。

個人輸入代行でプロペシアを安く購入できたとしても、治療に高額な費用がかかってしまっては全く意味がありませんし、反対に大きな損になってしまいます。そのため個人輸入代行でプロペシアを購入するべきではないのです。

安く、安全にプロペシアを購入する方法

国内正規品のプロペシアを取り扱っているAGA治療の専門クリニックを利用する

プロペシアの処方を受けられる医療機関は、主に皮膚科とAGA治療の専門クリニックです。一般的な皮膚科はAGAを専門の取り扱っていないため、AGAの治療実績がAGA治療の専門クリニックに比べて少ないと言えます。治療の実績が多くある医師のほうが、過去の症例をもとに的確な提案をしてくれます。たとえば「プロペシアが効かない」と思う場合は、他のAGA治療薬に切り替える提案してくるだけでなく、食事や睡眠といった生活面でのアドバイスが受けられます。

また、AGA治療の専門クリニックの場合は、無料カウンセリングを実施していたり、初診料や再診料を無料にしたりなどのサービスも充実しています。

このような理由から皮膚科よりもAGA治療の専門クリニックのほうがおすすめですが、AGA治療の専門クリニックならどのクリニックを選んでも良いというわけではありません。中には、国内正規品のプロペシアではなく、個人輸入した海外製のプロペシアや、プロペシアのジェネリックを販売しているところもあります。それでは自分で個人輸入代行業者から購入しているのと変わらず、偽物が混入している可能性があり非常に危険です。ですから国内正規品のプロペシアを取り扱っているAGA治療の専門クリニックを利用しましょう。

国内で認められたジェネリックを利用する

海外製のプロペシアのジェネリックは偽物の可能性がありますが、国内で認められている正規のジェネリックであれば安全かつ、安く購入できます。
プロペシアのジェネリックは、フィナステリドを有効成分としたAGA治療のことです。国内で認可されていれるプロペシアジェネリックは、ファイザー、サワイ、トーワなどがあり、1か月分の価格相場は4,000円程度です。プロペシアよりも2,000~3,000円程度安いので、1年間ではジェネリックのほうが25,000~35,000円ほどお得になります。

ジェネリックは先発医薬品と同じ有効成分が同じ量を含まれ、先発医薬品と同じ効果が得られる医薬品のことを言います。つまり、プロペシアのジェネリックはプロペシアと同等の薄毛(ハゲ)の進行を遅延する効果があるということです。なお、ジェネリックの価格が安いからといって、プロペシアよりも効果が劣るわけでは決してありません。ジェネリックの価格が安い理由は、先発医薬品の有効成分を利用しており、研究開発の費用を抑えられるからです。

AGA治療の専門クリニックの中にはプロペシアのジェネリックを取り扱っているところも多いので、安く、安全に購入したい人におすすめです。

AGA治療の専門クリニックで安全に安く購入しよう!

プロペシアをなるべく安く購入したいからといって個人輸入代行業者から購入することはやめましょう。偽物を購入するリスクがあるため非常に危険です。安全に安くプロペシアを購入したいのなら、AGA治療の専門クリニックを利用しましょう。

プロペシアの1か月あたりの価格相場は、病院で購入する場合6,000~7,000円、個人輸入代行業者から購入する場合2,000~3,000円です。個人輸入代行業者から購入すれば、病院で購入する場合の半額以下になります。
しかし、個人輸入代行業者から購入できる海外製の薬には偽物が多く出回っています。偽物を服用すると、薄毛(ハゲ)の進行を止められないどころか、入院するほどの健康被害を受ける可能性もあるので、いくら安いからといっても個人輸入代行業者から購入することはやめましょう。

安全に安く購入する方法は国内正規品を取り扱っているAGA治療の専門クリニックを利用することです。AGA治療の専門クリニックなら、初診料がかからないことが多いです。また、ジェネリックを利用することで費用を抑えられます。