シートに入った薬

男性ホルモンの影響により頭頂部や生え際の抜け毛が増え、次第に薄毛が進行する脱毛症を男性型脱毛症(AGA)といいます。AGAの治療にはプロペシアやザガーロが効果的なので、クリニックでは主に薬物治療が行われています。

プロペシアやザガーロは個人輸入だと安価で購入できます。しかし、海外から購入したAGA治療薬は偽物を掴まされる可能性があるため、リスクが高いです。よって、AGA治療薬を購入するなら安全なクリニックの方がおすすめです。

「でも費用も抑えたいし…」とお悩みの方にオススメなのがイースト駅前クリニック名古屋院です!

なんと診察代が無料なので薬代のみの支払いになります!

1錠からも処方OKなので、色んな薬を試したい方にもぴったりです。

イースト駅前クリニック名古屋院
↑クリック

Web限定のキャンペーンも行っていますので、診察を受けるならこちらから。

こちらから予約すると5000円以上の処方で500円の割引キャンペーン中
↑クリック

友人に紹介したのですが、

本当に薬代のみ!と驚いていました。

私ももちろんリピートしていますよ。

クリニックを受診しよう

検査イメージ

プロペシアやザガーロは、通販サイトから購入することができますが、安全とはいえません。また、副作用で健康被害が起きても保証がないため、正しく安全に服用するにもクリニックを利用することをおすすめします。

クリニックでは、薬の処方だけでなく様々な検査を受けることができます。中には生活指導を行っているクリニックもあり、効果的に薄毛を治療することができます。

クリニックによって治療の流れは異なりますが、名古屋に医院を構えるイースト駅前クリニックで、プロペシアやザガーロを購入する場合、以下のような流れになっています。

「受付 → 問診票の記入 → 医師による問診・診察 → 院内処方」

別途検査が必要になることもありますが、プロペシアやザガーロを処方してもらうだけであれば最短10分程度で処方を受けることができます。また、イースト駅前クリニック名古屋院は予約が不要であり、診察(再診)料は無料で、ED治療は1錠から処方を受けることができるため、気軽に利用できます。

他にも、クリニックのスタッフは男性のみだったり、治療薬は院内処方だったりといった配慮が行われているため、クリニックに行きづらいという方でも利用しやすいでしょう。

クリニックのスマホ診察がおすすめ

「自宅からクリニックが遠い」「クリニックに行く時間がない」という人はスマホ診察の利用をおすすめします。スマホ診察とはスマートフォンやパソコンのビデオ通話を利用して、診察、薬の処方を受けられるサービスです。

クリニックに行かずに診察から薬の処方を受けられるので、様々な理由でクリニックに行けない人も気軽にAGA治療を始められます。

また、他の患者と合わずに診察を受けられるというメリットもあります。クリニックに行きづらい人はスマホ診察を利用してみてください。

名古屋のおすすめAGAクリニック

イースト駅前クリニック名古屋院

〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町6-2
三共ビルB1F
最寄り駅: 1.JR名古屋駅
052-454-0181

強み・メリット

初診と再診が無料で費用は薬代のみ
駅近くでアクセス面良好
専門医による正確な治療が受けられる

診療時間

月、水、木、金:10:00~13:30/14:30~19:00
土、日、祝:10:00~18:00
休診日:火曜日

診察費用

初診料:無料
再診料:無料
プロペシア:5,950円/28錠

口コミ

土日でも通える(30代男性 A.Iさん)

土日でも祝日でも夜までやっているので朝早起きしなくても通えるのが嬉しい。他にも駅近くでもビル内なのでクリニックに通っているということがバレにくいのもメリットの一つですね。治療の方は検査から始まり、薬についての説明を受けた程度です。わかりやすかったですよ。

一番信頼できる(40代男性 T.Iさん)

無料のカウンセリングがあるのでAGAについて気軽に相談できる。クリニックそのものも歴史と実績があり、サイト内容も見やすいなと感じた。クリニック内はこざっぱりとして清潔な感じ。静かで過ごしやすかった。

ワイエススキンクリニック
〒460-0003
名古屋市中区錦3-17-15
栄ナナイロ8F
最寄り駅: 1.地下鉄栄駅, 2. 地下鉄 久屋大通駅, 3. 名鉄瀬戸線 栄町駅
052-962-5155

強み・メリット

クリニック独自の処方薬がある
駅のすぐ近く
メールで無料カウンセリングができる

診療時間

水~土:11:00~19:30
日曜日:10:00~17:30
休診日:月 火

診察費用

初診料:無料
再診料:無料
プロペシア:8,000円/28錠

口コミ

クリニック内がすごくおしゃれ(20代男性 I.Iさん)

ビルの8階にあるクリニックなんですが、すごくおしゃれでクリニックに見えない。静かで快適でホテルのフロントに近い感じです。カウンセリングも個室で行うのですが狭さは感じず、また話しやすかったです。

珍しい治療法が多い(40代男性 S.Hさん)

AGA治療において独自の治療法をしているところが珍しい。しかし、よほど薄毛が進行していない限りお世話になることはほとんどないだろう。カウンセリングで詳しく症状を分析してもらい、アドバイスどおりに日常生活を送れば問題ないと思われる。

名古屋スキンクリニック
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-14-19
富田ビル4F
最寄り駅: 1.名古屋市営地下鉄東山線 栄駅
052-263-9958

強み・メリット

院内処方なので薬局に行かずに入手できる
予約制なのでスケジュールが組み立てやすい
駅から徒歩2分なのでアクセス面良好

診療時間

月~日:10:00~19:00(要予約)
休診日:月曜もしくは火曜(不定休)

診察費用

初診料:無料
再診料:無料
プロペシア:8,500円/28錠

口コミ

電話予約で待ち時間を減らせる(20代男性 T.Bさん)

最初に電話で予約すれば、あとはもう当日遅れないように行くだけで大丈夫です。時間ぴったりにつけば即そのまま治療が受けられます。

雰囲気良し(40代男性S.Mさん)

クリニック内は落ち着いた雰囲気です。受付の人も明るい対応をしてくれて好印象でした。治療の方ですが、ちょっと長めのカウンセリングを受けて薬を処方してもらいました。カンセリングはわかりやすかったです。

丸善クリニック
〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目15番27号
いちご栄ビル 6F
最寄り駅: 1.名城線 矢場町駅, 2.東山線 栄駅
052-264-1222

強み・メリット

院内処方なので薬局に行かなくても良い
駅から徒歩1分
ジェネリックなので安い

診療時間

月~土:10:00~13:00/16:00~19:00
休診日:木曜午後 日曜

診察費用

初診料:無料
再診料:無料
プロペシア:4,500円/28錠

口コミ

診察方法が面白かった(20代男性 K.Sさん)

印象的だったのは受付が2つあること。クリニックに入ろうとすると保険診療と自費診療の受付に分かれており、自費診療コースに行くと申込書の記入カウンターがあった。それを記入したらようやく受付が見えてきた。ちょっとユニークでワクワクした

安く買うならここ(30代男性 O.Jさん)

AGA治療薬は病院によって価格が違うが、このクリニックはお求めやすい価格でおすすめ。ジェネリック医薬品なので安価で購入できます。

AGAスキンクリニック名古屋院
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2-45-10 川島ビル3F
最寄り駅: 1.JR名古屋駅
052-414-6967

強み・メリット

大手で信頼性が高い
年中無休
駅から近いのでアクセス面良好

診療時間

月~金:11:00~20:00[予約制]
土日祝:10:00~19:00[予約制]

診察費用

初診料:5,000円
再診料:無料
プロペシア:初回4,200円(2回目以降7,500円)/28錠

口コミ

さすが大手!(40代男性 A.Hさん)

大手なだけあって信頼感があり、実際の治療内容も文句なしでした。わかりやすいカウンセリングやオリジナルの発毛薬など、過去に受けたAGA治療の中でも最先端といった感じです。

ジェネリックで安く(30代男性 R.Sさん)

初診費用がかかるので少し高く感じますが、2回目以降から薬代だけです。プロペシアはジェネリック医薬品もあるのでできるだけ安くしたい人はそちらをおすすめします。効果は本来のプロペシアと同じなのでお得ですよ。

男性の薄毛

AGAは、主に思春期以降に発症するとされている症状です。近年では男性の薄毛を総称してAGAという言葉が使われることも多くありますが、厳密にいうと、AGAは男性の薄毛の中でも「男性ホルモンの影響」によって薄毛になる症状を指します。

男性ホルモンには様々な種類がありますか、そのひとつである「テストステロン」は血液とともに全身を巡っています。テストステロンは、頭皮に存在している5αリダクターゼという酵素と結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。このDHTこそ、薄毛を引き起こす因子です。

DHTは、毛母細胞を萎縮させるとても強力な男性ホルモンであり、毛乳頭に存在しているアンドロゲンレセプターと結合をすることで、脱毛因子であるTGF-β(トランスフォーミング増殖因子)を増加させます。そして、このTGF-βが髪の毛の成長に欠かせない毛乳頭や毛母細胞に、脱毛するよう働きかけるのです。

そのため、男性ホルモンの影響により、薄毛の症状が引き起こります。
薄毛になる原因は、男性ホルモンの他にも喫煙や過度な飲酒、睡眠不足やストレスなど生活習慣の乱れがあります。これらが発毛の足かせとなり、薄毛の症状を引き起こすのです。

クリニックで行われている薄毛の治療法

注射器

ストレス社会といわれる現代では、若年層でも薄毛に悩む方が増加しています。そのため、AGA治療を専門とするクリニックも登場しています。AGA治療を専門とするクリニックでは、様々な治療法が用いられています。主な治療法は以下のとおりです。

薬物治療

プロペシアやザガーロといった、AGA治療に効果があるとされている薬物を用いた治療は多くのクリニックで行われています。薬を服用するだけなのでクリニックに通う回数が少なくて済む他、徐々に効果が現れるため周りの人に治療をしていることがばれにくいなどのメリットがあります。

HARG治療

薬物治療では、主に「抜け毛を減らす」ことを目的としていますが、HARG治療は「生える毛を増やす」ことを目的とした治療と位置づけされています。HARG治療では、注射器を使って直接頭皮に薬剤を投与します。月に約1回、計6回(半年間)投与します。ただし、クリニックによって治療期間や回数は異なります。

その他民間療法

クリニックにより取り扱っている治療法には違いがありますが、その他の民間治療にはトリートメントやヘッドスパなどのヘアケア、かつら、植毛などがあげられます。

どういった治療を希望しているのか、クリニックがどういった治療を行っているのかにより選ぶべきクリニックは違ってきます。

AGA治療で注目されているプロペシアとザガーロ

前項で説明したとおり、一口にAGA治療といっても方法は様々です。しかし、数ある治療法の中でもやはりプロペシアやザガーロなど薬物を用いた治療が一般的です。

薬物治療の中でも注目を集めている「プロペシア」と「ザガーロ」について詳しく紹介しましょう。

プロペシア

プロペシアは、世界約60カ国で認可を受けているAGA治療用の内服薬で、有効成分であるフィナステリドがテストステロン(男性ホルモン)による脱毛を抑制します。

元々は前立腺肥大の治療薬(プロスカー)として認可・販売されていましたが、その後の研究により毛髪の成長に効果があることが明らかになりました。1997年にアメリカでAGA治療薬として認可を受け、2005年には日本国内でも販売されました。近年はジェネリック医薬品も登場しています。

1日1回服用で半年以上服用した場合、約9割の方が効果を実感しました。

プロペシアは、男性ホルモンに影響する薬なので性欲減退や性機能低下などの副作用が発症する可能性があります。しかし、副作用の発現率は全体の5%以下であるため、大きく問題視する必要はありません。

価格は、28錠で約6,000~約6,500円。ジェネリック医薬品の場合、約4,500~約5,500円です。

ザガーロについて

ザガーロは、プロペシアに次いで登場したAGA治療薬で、2015年に認可を受けました。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの2型の酵素にしか抑制することができませんが、ザガーロは、1型2型共に抑制することができるため、プロペシアで効果が得られなかった方でも効果が得られやすくなっています。

臨床データでは、1日1回服用で、約4~6カ月で効果が見られました。

副作用は、プロペシアと同様に性欲減退や性機能低下などがあり、価格は未定となっています。