男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療は、プロペシアやザガーロを使った内服薬による治療が主流です。京都でAGAを治療するのなら専門の医療機関を頼るのが得策です。
そこで、京都でAGA治療を専門とするクリニックと、AGA治療薬として注目されている「プロペシア」と「ザガーロ」の違いについて詳しくご紹介します。

京都はAGA専門クリニックが少ない

京都府は他の大都市に比べAGA専門のクリニックが少ない地域です。とはいうものの、アクセスの多い主要な阪急河原町駅や烏丸駅の周辺にはAGA治療専門のクリニックが点在しています。

クリニックを選ぶ際はプロペシア、ザガーロを扱っているのはもちろんのこと、AGAの改善に関するアドバイスや治療薬の処方以外のフォローが充実しているかを確認することで、より効果的なAGA治療が受けられます。視野を広くして様々なクリニックを吟味しましょう。

京都でプロペシア・ザガーロを処方するクリニック5選

京都でも処方してもらえるクリニックがあります!京都でおすすめのクリニックを紹介していきます。

京都でおすすめのAGAクリニック

イースト駅前クリニック京都四条烏丸院


京都市下京区元悪王子町37番地 豊元ビル四条烏丸6F
最寄り駅: 1.阪急京都線烏丸駅から徒歩1分
最寄り駅: 2.地下鉄烏丸線四条駅から徒歩1分
075-343-1181

強み・メリット

駅前に立地しているためアクセスがしやすい
費用は薬代のみで初診、再診ともに診察料はかからない
予約不要で診察から処方まで最短8分のスムーズな治療が受けられる

診療時間

水~土、祝日:10:00~19:00(13:31~14:29は休診時間)
※土、祝日は10:00~18:00まで(休診時間なし)
休診日: 月~火、日

診察費用

初診料:無料
再診料:無料
プロペシア:¥6,300/28錠
プロペシアジェネリック:¥4,800/30錠
ザガーロ:¥9500/30錠

口コミ

立地が良くて通いやすいクリニックです(20代 D.Sさん)

駅から歩いてすぐの距離にあるので、とても通いやすいですね。会社帰りに立ち寄ってもいいですし、休みの日にふらっと立ち寄るのもありです。何より予約がいらないので、予定が空いた時に行ける気軽さがうれしいです。

先生に相談できるのがありがたいです(30代 E.Eさん)

薬代だけなのに専門のお医者さんからアドバイスが受けられるのはとてもありがたいです。内服薬と外用薬の組み合わせ方を提案してくれますし、AGAを改善する具体的なアドバイスも聞けるのでまさに至れり尽くせりって感じです。

AGAスキンクリニック京都院
京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町391 河原町ニュー・トーキョービル6F
最寄り駅: 1.阪急河原町駅から徒歩1分

0120-545-598(フリーダイヤル)
075-253-0442

強み・メリット

再診が無料なのでリピーターのお財布にやさしい
完全予約制で利用者のプライバシーを徹底配慮
年中無休で予定のある日に利用できる

診療時間

月~日・祝日:10:00~21:00
休診日:なし

診察費用

初診料:¥5,000
再診料:無料
プロペシア:¥4,200/28錠 2回目以降¥7,000/28錠
ザガーロ:¥4,800/30錠 2回目以降¥8,200/30錠

口コミ

年中無休でプライバシーを重視がうれしい(20代 T.Kさん))

こちらのクリニックは年中無休なので、都合のいい日に利用できるのがありがたいです。完全予約制ということで、ふらっと立ち寄れない難点はありますが、プライバシーを尊重して他の患者さんと鉢合わせするのを避けていると言われれば納得ですね。

治療実績がある(40代 I.Hさん)

AGAスキンクリニックは全国にクリニックがあるらしく、患者さんの治療成果なんかを共有しているそうです。薄毛に悩む色々な人たちのデータをもとに常に優れた治療サービスを模索しているという方針に脱帽です。安心して頼れるクリニックだと思います。

湘南美容外科クリニック京都院
京都府京都市下京区四条通 柳馬場東入立売東町12-1日土地京都四条通ビル 5F
最寄り駅: 1.地下鉄烏丸線四条駅から徒歩3分
0120-5489-64

強み・メリット

男女が抱えるコンプレックスにフォーカスした専門のクリニック
初回限定でプロペシアを割引価格で購入できる
ポイントカードの制度があるので通うほどお得になる

診療時間

月~、日・祝日:10:00~23:00
休診日:なし

診察費用

初診料:無料
再診料:無料
プロペシア:初回¥4,200/28錠 2回目以降¥6,500/28錠

口コミ

年中無休で深夜まで営業しているので通いやすい(40代 I.Sさん)

私はどうしても帰りが遅くなったり、決まった休みが取れなかったりするのですが、こちらのクリニックは無休で深夜まで営業しているので日程が調整しやすくて助かります。

ポイントカード制度でリピーターにやさしい(20代 R.Hさん)

プロペシアを割引価格で購入できるっていう特典をきっかけに利用したんですが、ポイントカードもあったので続けて利用しています。

おすすめのクリニック

  • プロペシア、ザガーロの価格が安くジェネリックを取り扱っている
  • 初診料・再診料が無料
  • 多くの治療実績がある
  • 駅チカ

京都でおすすめのクリニックは上記の要素を満たすイースト駅前クリニック京都四条烏丸院です。気になる人は以下をクリック

家からAGA専門クリニックが遠い人はスマホ診察がおすすめ

近くにAGA治療専門のクリニックがないという方にはスマホ診察がおすすめです。スマホ診察とは、スマートフォンのTV通話機能を使用し、医師の診察を受けられるサービスです。
わざわざクリニックに行く必要がないので、家から遠くて通えないという方でも問題なくAGA治療を受けることができます。

さらに、治療薬は宅配便で指定の場所まで届けられるので、処方箋を持って薬局へ行く手間もかかりません。
スマホ診察について詳細が知りたい方は以下のページを参考にしてください。具体的な方法や料金が書かれています。

プロペシアとザガーロの違い

プロペシアは、2005年に発売が開始された初のAGA内服治療薬であり、長らくAGA治療に貢献してきた薬です。
一方、ザガーロは2016年にAGA治療薬として認可された薬で、元々はアボルブという前立腺肥大の治療用の薬でした。ザガーロは発売からそれほど時間がたっていないこともあり、両者の違いはあまり知られていません。気になる効果や価格などの違いを比較します。

プロペシアとザガーロの特徴

・違い1 有効成分

薄毛の進行を抑えるにはDHTというホルモンの発生を防ぐ必要があります。DHTとは体内の男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によって変換されたものです。
プロペシアには、5αリダクターゼの活動を妨げるフィナステリドという成分が含まれています。5αリダクターゼには1型と2型の二つがあるのですが、フィナステリドはAGAに強く影響する2型に効果があります。
一方で、ザガーロに含まれるデュタステリドという成分は、5αリダクターゼの1型と2型の両方にはたらきかけるので、より高い効果が期待できます。

・違い2 効果のある範囲

プロペシアは2型5αリダクターゼが集中している部分に効果的です。2型5αリダクターゼは頭頂部周辺から前頭部にかけて多いので、それらの部位の薄毛・抜け毛の抑制に効果を発揮します。
一方、ザガーロは1型5αリダクターゼにも作用します。1型5αリダクターゼは、側頭部に多いと言われていますが、頭頂部、前頭にもあります。
一般的に、プロペシアをしようして効果がなかった場合は、ザガーロを使用します。

・違い3 形状

プロペシアはフィルムコーティング、いわゆる丸い錠剤タイプの形状です。大きさは直径7.3mm、厚さ3.5mmほどです。
ザガーロは「楕円形のカプセルタイプ」の形状で、大きさは「直径19.3mm、厚さ6.6mm」です。

・違い4 価格

プロペシアは世界で初めて開発されたAGA治療薬であり、すでに特許がきれているのでジェエリック医薬品があります。
一方、ザガーロは日本で2016年6月に販売されたAGA治療薬です。医療機関の価格設定にもよりますが、ザガーロはプロペシアの1.3~1.5倍程度の価格で取り扱われていることがほとんどです。
また、販売期間が浅いということで、特許の関係により正式なジェネリック医薬品の製造販売は認められていません。プロペシアと比較すると高いと言えるでしょう。

プロペシアとザガーロの副作用

プロペシアは、非常に副作用の発生リスクが少ない薬です。国内の臨床試験では、副作用の報告があったのは4.3%でした。しかし、体質や服用量によっては発生してしまうことも考えられるので、しっかり確認しておきましょう。
また、ザガーロは国際共同試験では11.7%の報告が出ています。試験の基準は異なりますが、プロペシアに比べて、副作用の発生リスクが高い傾向があると言えるでしょう。こちらも、どのような副作用があるのか確認しておきましょう。

プロペシアの副作用

・副作用1 男性機能障害

プロペシアの主な副作用として、男性機能の障害が報告されています。男性ホルモンは性機能にも影響するため、DHTの減少により性欲減退、勃起不全などの症状が出ることがあります。

・副作用2 全身倦怠感

男性機能に関わる症状以外では、倦怠感や、めまいなどの症状が報告されています。これらはプロペシアに限らず、肝臓で処理される薬剤全般で起こりえる症状です。

・副作用3 肝機能障害

報告数は少なく、発生リスクは極めて低くはありますが、肝機能に関する障害の可能性もあります。以前から肝機能に不調がある人や、必ずその旨を告げてから、医師の診断を受けましょう。

ザガーロの副作用

・副作用1 男性機能障害

ザガーロもDHTの生成を抑制するため、男性機能の障害が起る可能性があります。勃起不全や性欲減退に加えて、射精障害などの症状が報告されています。

・副作用2 精神障害

また勃起機能だけではなく、意欲の減退も報告されています。男性ホルモンは意欲にも大きく影響するため、ザガーロの服用により、精神面での不調が見られることがあります。

・副作用3 肝機能障害

ザガーロも肝臓で処理される薬であるため、肝機能障害を引き起こす可能性があります。また、ザガーロの成分が体内から抜ける期間は、12~20週間と長いことにも注意が必要です。

プロペシアとザガーロで悩んだら

効果と副作用のバランスを指針にしましょう

まずは、これまで見てきた違いをまとめてみましょう。プロペシアは、副作用が起きるリスクが低く安定していることがメリットです。
そして、ザガーロは副作用のリスクが高めですが、効果も高めであることがメリットです。それぞれのメリットを軸にして、3つの基準から選んでみましょう。

・選び方1 まずはプロペシアを選ぶ

基本的には、まずプロペシアを使うことがおすすめです。プロペシアとザガーロ、どちらも、AGAに対して高い効果を発揮します。
そのため、まずは副作用のリスクが低く、価格も安いプロペシアから始めましょう。そうすれば、身体的にも経済的にも負担を少なく済ませることができます。

・選び方2 自分のAGAの範囲に合わせて選ぶ

プロペシアとザガーロはどちらもAGAに効果がありますが、効果が出やすい範囲が異なります。頭頂部を中心に全体的な薄毛はプロペシア、特に生え際の後退が気になるならザガーロというように範囲に合わせて選ぶのも良いでしょう。

・選び方3 クリニックに相談して自分にいいものを選んでもらう

やはり一番良い方法は、専門のクリニックで選んでもらうことです。自分ではあっていると思っても、医師の目から見ると違っているということはよくあります。自分だけで判断せずにプロの目線から、あなたに最も合った治療方法を見つけてもらいましょう。

AGAはクリニックの治療で改善できる!(まとめ)

プロペシアとザガーロの違い、いかがだったでしょうか?同じような効果であっても、それを使う人自身の体質や環境によって、薬の選び方や、効果の出方も変わってきます。あなたの今の状態をクリニックで正確に診断してもらい、AGAをしっかり改善していきましょう!